入構時に検溫?手指のアルコール消毒?換気の徹底を実施していますが、この困難を乗り越えるためには學生の皆さま一人ひとりの心がけが大変重要です。
學修の機會と大切な仲間を守るため、キャンパス內では以下の3點にご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染癥から身を守るため、まだまだ油斷は禁物!徹底した対策を!

  1. マスク著用の徹底

    感染経路の多くは飛沫(會話、せき、くしゃみ)にあり、マスクを外した狀態は感染リスクを高めます。
    また、変異株は従來型よりも感染力が強いといわれており、若い世代でも重癥化するケースが増加しています。
    常にマスクを著用し、會話は控えめにしましょう。

  2. 黙食の徹底

    食事中の會話は飛沫感染リスクを高めます。
    靜かに食事を楽しみ、會話時はマスクをして感染予防に努めてください。
    また、學內外問わず、複數人での會食は控えてください。

  3. 間隔を空けよう

    ソーシャルディスタンスを心がけ、できるだけ混み合う時間?場所を避けてください。
    ?時差通學にご協力をお願いします
    ?食堂では混雑時間(12:00~12:45)を避け、テラス席も活用してください
    ?教場內では1席ずつ空けて著席をお願いします

學內?教場內ではマナーを守り、用件終了後はすみやかに退構してください。
また、日常生活においても「マスクの著用」「手洗い?うがい」「三密を避ける」等を心がけましょう。
自分自身を守り、大切なご家族や仲間に感染を広げないために「濃厚接觸にならない、つくらない」を常に意識して、大學生として責任を持った行動をお願いいたします。

駒澤大學 保健管理センター所長 森口 央基


すべての大學からのお知らせ一覧に戻る 2021年度の大學からのお知らせ一覧に戻る
长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看