駒澤大學法科大學院

所長挨拶

小松良正

駒澤大學司法研究所は、平成20年4月に創設されました。本司法研究所の設立目的は、「理論と実務との実踐的な架橋教育」を行い「人に寄り添い、社會と繋がる駒澤法曹の育成」という本學法科大學院の教育目標、および「仏教の教義並びに曹洞宗立宗の精神」という本學の建學理念に支えられた「慈悲の心をもつ優秀な法曹の養成ないしその法曹の活動支援」をすることにあります。

この目的を実現するために、法學研究者(駒澤大學法科大學院専任教員15人)、法科大學院修了者(283人)、司法試験合格者(63人)を一體として組織統合し、個人や社會に積極的に繋がっていきたいと思います。

本司法研究所は、平成24年5月に駒澤大學深沢キャンパスから駒沢大學駅近くの駒澤大學法科大學院棟に移転しました。それに伴い、固定席(キャレル)を使用できる研修員の數が増え、學修環境も法科大學院生とほぼ同等なものとなりました。これにより、研修員?受講者も充実した勉強を行うことができます。また、在學生も先輩の勉強から刺激を受けています。

「人に寄り添い、社會と繋がる駒澤法曹」になるために、ひたすら、勉強する、このような努力をする者を、法科大學院在籍中から修了後まで、育成し、支援していくのが本司法研究所の使命です。

司法研究所長 小松 良正

司法研究所からのお知らせ

一覧
お知らせ一覧

コンテンツ一覧

研究

长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看