より高度な目標を持つ學生の意欲に応えるため、専門的な研究を行う環境を整えています。

駒澤大學には現在9つの研究所および2つのラボラトリが設置され、法學?経理?マスコミなど高度で専門的な研究を行っています。また、將來の夢を実現するための資格取得や、卒業後の進路に向けてのサポートも行われています。


禪研究所

禪や仏教の専門家だけでなく、文學?心理學?法學?語學?體育學など各専門の研究者が集い、日本文化の底流としての禪の思想を総合的に研究しているのが禪研究所です。この目的を達成するために定例研究會?公開講演會?日曜講座などを開催して、活発な活動を続けています。また、『禪研究所年報』を刊行して、一年の研究活動の成果をまとめ、さらなる発展に努めています。

仏教経済研究所

ホームページはこちら

仏教経済研究所は、仏教と経済に関する研究をおこなうことを目的として、昭和41年(1966年)4月に創設されました。現代社會特有のいろいろな問題や様々な矛盾、さらにそれらの諸問題の解決に具體的な発言をし、同時に仏教や禪が舊套を脫して活性化することを目指しています。學生の皆さんも自由に研究所の例會に參加できます。

法學研究所

詳しくはこちら

法學研究所は、研究部、研修部の2部から構成されています。研究部では、學界?法曹界から講師を招き、今日的テーマで講演會などを実施しています。研修部では法學への基礎的実踐的知識を習得することを目的に、1.入門講座、2.基礎講座、3.実務家講座を設けています。入門講座では憲法?民法?刑法の入門的知識を、基礎講座ではそれらの知識のステップアップを目指す科目が設置されています。そして実務家講座には法科大學院入學試験および司法書士試験への受験に対応するための科目がおかれています。入門講座と基礎講座では現役の大學教員が、実務家講座では現役の弁護士、司法書士が懇切丁寧な指導をしています。

応用地理研究所

ホームページはこちら

応用地理研究所は、1973(昭和48)年の創設以來、地理學の基礎的な研究を踏まえて、具體的な地域社會への貢獻を目指してきました。「南西諸島の環境と文化」の研究や、タイのチュラロンコン大學の研究者と一緒に実施した発展途上國の開発に関連する諸問題の研究などの成果は『地域學研究』という機関誌に発表してきました。こうした研究のための現地調査や、資料収集?整理?分析の過程において學生の皆さんの參加を期待します。地理學科や自然科學教室に所屬する専門を異にするスタッフが行う共同研究は講義とは違った意義があります。

ジャーナリズム?政策研究所

詳しくはこちら

janalogo

ジャーナリズム?政策研究所(通稱:ジャナ研)は、ジャーナリズムや政策に関する総合的な研究と、関連分野に進みたい學生に対する特別指導を行う研究所です。研究成果は年報や書籍などで公表し、公開講演會などもおこなっています。一方、特別指導は精選された講師陣による「ジャナ研講座」と駒澤スポーツ新聞やフリーペーパーの発行、映像制作やディベート活動などの學生の自治的自主的な學びの2本柱で構成されています。?ジャナ研は、これらの活動を通じてジャーナリズムや政策を深く考えると同時に、未來を擔う次世代をはぐくんでいきたく思っています。ジャナ研講座はオンラインでもおこない、広く一般の皆様にも開放しています(本學學生は無料)。みなさんのご參加をお待ちしています。

経理研究所

詳しくはこちら

経理研究所では、會計學の研究および教育を通して、會計経理の理論や実踐の向上を図るとともに、會計のプロフェッショナルを育成することを目的として「日商簿記検定3~1級講座」を開講しています。簿記知識の全くない初心者(主として1年次生)を対象とし、6月3級、11月2級合格を目指します。日商2級は経営?経済學部生が一応履歴書に記載できるレベルですが、2級に合格できた後は、さらに上級の資格にチャレンジしたいものです。1級合格者は企業への就職に際してきわめて有利ですし、1級は公認會計士二次試験合格のための必須の通過點と言われます。高校卒業の場合、1級合格が「稅理士の受験資格」になりますから、大変権威のある資格です。不況のため就職は困難をきわめていますが、1級合格者たちは、満足できる就職をしています。
レベルごとにコースを設けているので、學部?學科を問わず參加でき、再受験を含め、合格まで指導しています。なお、稅理士および公認會計士二次試験は、一定の単位を修得していれば、3年次から受験できますが、受験資格はあっても試験內容がきわめて高度で、ステップアップしていく必要があります。

仏教文學研究所

日本の文學?蕓能?美術、あるいは社會習俗には、仏教の影響を受けているものが數多くあります。仏教文學研究所では、日本の仏教文學?仏教文化、ならびにその基盤となった仏教思想や宗教的環境の研究を中心として、インド、中國、朝鮮などの、仏教が定著した地域における仏教思想や仏教文學の諸相に関する比較研究を行っています。それにより、古今東西の仏教思想?仏教文化の諸問題を総合的に比較研究することを目的としています。研究の成果は、研究紀要として公刊しています。

司法研究所

詳しくはこちら

司法研究所は、日本の司法改革の一翼を擔う法科大學院と密接に連攜する、司法研究に特化した研究所です。構成としては、研究者や実務法曹の共同研究等を企畫実施する研究部、法科大學院修了者に対し法曹に必要な研鑽の機會を提供するとともに新司法試験合格を支援する研修部、駒澤大學出身法曹の共同活動や情報交換などを行う法曹部からなります。裁判員制度を始めとし、國民に身近になりつつある司法について、様々な研究啓蒙活動を実踐すると同時に、実力と見識に富む法曹育成や育成した法曹の積極的な活動などを通して、現代日本の司法に少しでも貢獻したいと願っています。

醫療健康科學研究所

詳しくはこちら

2017年4月より駒澤大學醫療健康科學研究所が発足しました。本研究所では、診療放射線技師を目指す學生や、診療放射線技師として働いている方を中心に、他の様々な醫療関係者に役立つ活動を展開していきたいと考えております。

経済學部現代応用経済學科ラボラトリ

ホームページはこちら

現代応用経済學科ラボラトリは、持続可能な地域経済社會の実現のために、地域社會に開かれた研究拠點として、2018年4月に設置されました。本ラボラトリは、アントレプレナーシップ(起業活動)を軸に置き、地域に根差した「産官學金」のオープンな連攜のもとで、研究?教育?地域貢獻を融合させる地域プラットフォームのエンジンとなることを目指しています。本學経済學部現代応用経済學科の教員を中心として、どなたでも研究員として登録し研究活動を行うことが可能です。

グローバル?メディア?スタディーズ?ラボラトリ

ホームページはこちら

グローバル?メディア?スタディーズ?ラボラトリは、學內外の共同研究の活性化?研究成果の発信?社會的貢獻を目的として、2010年度に駒澤大學に設置されました。本學グローバル?メディア?スタディーズ學部の教員を中心として、どなたでも研究員として登録し研究活動を行うことが可能です。メディアやITに関する研究は學際的かつ産學連攜が不可欠です。そうした研究活動の基盤としてグローバルに活用されることが期待されています。

コンテンツ一覧

研究

长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看