大學概要About us

駒澤大學社會連攜?社會貢獻に関する基本方針

駒澤大學(以下、本學)では、建學の理念のもと、自分の道を見つけ出すための"よりどころ"として、こころ(自分と向き合い、學びと繋がりを通して心を育む)?まなび(多元的?學際的な學びによる多様な知と、専門性の追求による最先端の知)?つながり(様々な価値観や広い社會につながる、豊かで溫かな人的ネットワーク)をコンセプトに、教育?研究等の諸活動を展開しています。このコンセプトを実現するための社會連攜?社會貢獻に関する基本方針を以下のとおり定めます。

1.研究成果の社會への還元と教育?研究活動に対する理解の促進

産學連攜事業の推進、各種寄付講座の設置等を通じて、「研究成果の社會への還元」と「大學と社會が協働して課題を発見?共有し、新たな価値を生み出す活動」を、教育?研究の多様なネットワークを通じて展開します。また、教育?研究活動の情報を積極的に発信するとともに、施設公開や公開授業の拡充などにより、教育?研究活動をより見えやすいものとし、社會の理解を促進します。

2.卒業生等との連攜

卒業生等が參畫する活動の実施、卒業生等への情報発信及び交流などを通じて、社會の多様な分野で活躍している卒業生や、大學の教育?研究活動の理解者である幅広い人々との緊密なネットワークを形成し、相互に連攜することを推進します。

3.社會人向け教育プログラムの推進

社會人を積極的に受け入れる柔軟な教育システムの構築?運用、社會人向け教育プログラムの開発?実施などを通じて、社會人再教育機能の充実?強化や高度専門職業人の育成のため、社會と連攜する多様な教育活動を推進します。

4.地域等との連攜

地域等(自治體、國、國際機関等の公的機関、NPO法人、他大學など)と連攜し、本學及び地域等が有する資源を相互に活用し、雙方の発展に貢獻します。また、地域等の初等?中等教育との連攜を促進し、教育?研究の一層の充実並びに地域社會における教育活動及び教育環境の向上に取り組みます。

5.適切な社會連攜?社會貢獻を実現するための組織構築

社會連攜?社會貢獻活動を適切に展開するために、必要な事務組織及び委員會組織等を整備し、情報を集約?管理?発信するシステムを構築します。また、自己點検?評価等に基づきながら、恒常的に改善?向上に努めます。

以上

大學概要

长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看