仏教は、物事の本質の洞察に基づいて、あらゆるものを大切に扱う心を教えてくれます。仏教では、この洞察を「智慧」、この心を「慈悲」と言います。駒澤大學は、さまざまな學問を深く広く探求することをとおして、智慧を磨き慈悲の心を育みながら自己を陶冶(とうや)し成長していく場です。

この智慧と慈悲による自己形成を目指す仏教のいとなみを、禪では「修」(修行)といい、その理想の姿を「証」(悟り)といいます。曹洞宗の開祖?道元禪師は、理想の「証」は彼方にあるのではなく、私たちの日々のいとなみである「修」の中にこそ活きている、と説かれ、それを「修証一等」(修行と悟りは一體である)という言葉で示されました。

この禪師の教えを大學の教育?研究の理想的なあり方として簡潔に表現したのが、「行學一如」です。それは、大學では自己形成を目指す「行」と、學問研究である「學」とは一體であるという意味であり、それが建學の理念を表わす言葉として用いられてきたのです。

駒澤大學における「行」とは、仏教の高い倫理観のもと、學問研究を自らの血とし肉とする作業であり、それがそのまま本當の「學」ということなのです。こうして形成されていく自己は、卒業後も実社會のなかで、より広い慈悲の心とより高い智慧を求め、常に新たな學びをつづけてゆくはずです。この絶えざる自己形成こそが、駒澤大學が掲げる理想の學びなのです。

大學概要

长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看