令和3(2021)年4月1日より、駒澤大學學長に就任いたしました各務洋子です。就任にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

駒澤大學の將來を展望するにあたり、現在の世界及び日本を見渡せば、本學の改革のあり方と共にその方向性が見えてまいります。1つは、依然として最大の課題であります「新型コロナウイルス感染癥対策」であり、もう1つは図らずも直面せざるを得なくなりましたが、デジタル革命を背景とする新しい社會の到來に、大學として如何に対応するかです。

世界各國において、新型コロナウイルス感染癥ワクチンの接種が始まったとは言え、まだその端緒に著いたばかりであり、私たちの生活は大きな変革を迫られています。人類の歴史を大きく動かしたものの1つとして、伝染病(感染癥)は軽視することはできません。そういう意味で、私たちの生活、安全、幸福の基盤である社會秩序や既存の価値観は大きく崩れ、大転換の渦中であるといえるのではないでしょうか。

駒澤大學は、令和4年度に140周年を迎え、さらに原點に遡れば420年を超える長い歴史と伝統の中で、明治維新や戦後復興といった大きな局面を力強く乗り越え、教育?研究や社會貢獻の弛まぬ努力や改革によって、時代に応じた大學教育のあるべき姿を究明してまいりました。私たちは、建學の理念と教育?研究の本質を見失うことなく、時代の要請にこたえてきたという自負心をもっています。この度のコロナ禍という試練は、私たちに大きな課題を突きつけています。感情的な情報や言動に惑わされることなく、また安易な過敏反応は控え、しっかりとした資料やエビデンスに基づいて熟議し、考え抜いた決斷を適確に実行することが大切です。

図らずもコロナ禍という外的ショックは、時代の要請である「デジタル化の波」を一気に加速させています。この狀況を踏まえつつ、本學も、教育?研究の充実、學生の成長という観點から、適切な対応を図り、すでに動き出しています。具體的には、授業の在り方、部活動の進め方、入試の方法、研究のスタイル、事務組織の運営をはじめ、留學やキャリア教育の進め方に至るまで、創意と工夫を凝らして、新たな対応を実行し始めています。

とりわけ、教員と學生にご協力をお願いして実施した昨年度の「リモート授業」の経験は、學生の學修への主體的?積極的取組とその効果を確認しつつも、一方で、學生が感じた孤立感?孤獨感、ストレスや不安への対処、リアルな人間関係形成ができないという問題點も浮き彫りにしています。こうした中で、私は、學生、教職員の安全?安心を確保する環境づくりを第一に考えると同時に、高等教育機関として、教育?學術水準を維持?向上させ、更に進化させて、新時代を生き抜くための新たな価値観やビジョンを、學生や教職員、大學関係者と共に一體となって、創造していきたいと考えています。その手段として、オンラインとリアルを駆使した情報共有と意見交換の「場」をつくること、意思決定のプロセスの透明性を図ることから始めてまいります。

駒澤大學の根幹をなす仏教のもつ"智慧と慈悲"の精神は、コロナ禍で疲弊した我々の心のまさに"よりどころ"となります。ここに本學の存在意義があることを再確認したいと思います。坐禪の體験は、本學の重要な學習経験と人格陶冶の基礎となります。この上に、人類の英知の結果である先端技術を最大限に活かすことにより、教育?研究の在り方を再定義し、授業の進め方の多様化を考えています。と同時に、デジタル?トランスフォーメーション(DX)によって、組織の在り方や大學運営の効率化を促進してまいります。
こうした新しい取組を通して、學生、教職員のダイバーシティ(多様性)を尊重する<個>を活かした柔軟な大學の実現を目指します。

駒澤大學のもつ唯一無二の伝統と価値を礎とし、デジタル化による教育?研究の可能性を拡げ、多様な働き方と持続可能な社會を目指した貢獻をひとつずつ実現させ、新しい時代を創造する駒澤大學であり続けるよう、學長として、力を盡くしてまいります。

今後も、皆様にはニュースやメッセージをお送りしてまいりたいと存じます。
ご意見をお寄せいただければ幸いです。

令和3(2021)年4月1日
駒澤大學學長 各務 洋子
Yoko KAGAMI, Ph.D

挨拶?スピーチ紹介

學長の挨拶?スピーチをご紹介いたします。

大學概要

长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看